専門家ならではの知識・経験・対応力

浦野会計事務所(大阪 税理士/大阪市西区 税理士)

まずはお気軽にお問い合せください。電話番号:06-6536-7560【受付時間】9:00〜17:00(土日祝除く)

メールでのお問い合せはこちら

法人向け 税務調査対応

税務調査が行なわれた際、単独で国税局や税務署と対等に交渉を進めるのは簡単ではありません。
浦野会計事務所ではスタッフの専門知識と交渉力に加え、多くの企業様での税務調査立会いを行なった経験を活かして、 企業様の主張を最大限にお伝えするとともに、有利に対処できるようにいたします。
また、事前に対応策を検討したり書面添付を行なうなど、税務調査対策を綿密に行ないます。

税務調査とは

税務調査とは、毎年の税務申告が正しく行われているかどうか税務署が調査するものです。
税務調査は突然やってきます。その頻度は会社によって全く違いますが、少ない会社だと10年に一度くらい、新設法人は3年目が一つの目安になってます。
いざという時に慌てないために、税務調査でどのような指摘を受ける可能性があるか意識し、日頃から正しい処理をしておく必要があります。

多額の追徴課税を支払わなければならない?

税務申告に誤りがあれば追徴課税が課されることもありますが、よほど悪質な不正をしていない限り全く怖がる必要はありません。
税務署は法人の申告の状況を見て、税務調査に入るか入らないかを決めています。新設の会社、黒字の会社、消費税の還付を受けた会社など、税務調査が来やすい会社があり、それぞれ対応策が求められます。
ただし、税制について「知らなかった」は通用しません。税務のプロが、法人の状況に合わせた対処をサポートし、企業様の主張を最大限にお伝えするとともに、有利に対処できるようにいたします。