浦野会計事務所(大阪 税理士/大阪市西区 税理士)

まずはお気軽にお問い合せください。電話番号:06-6536-7560【受付時間】9:00〜17:00(土日祝除く)

メールでのお問い合せはこちら

浦野会計事務所ブログ

2015年07月29日(水)その他

マイナンバーの個人番号カードについて

こんにちは*^^*新人スタッフです!

 

今回は、マイナンバー制度のことについて少しお話ししたいと思います。

 

会社がマイナンバーの提供を受けた時、本人確認が必要となりますが、この本人確認番号そのものの確認(番号確認)と本人であるかどうかの確認(身元確認)の両方を行うこととされています。

この両方を一枚のカードで行えるのが、個人番号カードです。

ただし、この個人番号カードは全員に発行されるものではありません。

 

国民全員に平成27年10月5日以降に簡易書留で送られてくるのは、通知カードです。(住民票の住所に送られてくるので、現住所と一致していない人は注意してください。)

 通知カードには氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されます。ただし、通知カードには顔写真が記載されないため、本人確認ができません。身元確認のためには、通知カードの他に運転免許証やパスポートなどの身元確認書類が必要となります。

 

 一方、個人カードは、表面に氏名、住所、生年月日、性別に加えて、顔写真が記載され、裏面にマイナンバーICチップがついたものが予定されています。個人カードは本人確認の身分証明書として使用できる他、印鑑登録証などの自治体等が条例で定めるサービス、e-Tax等の電子申告も標準搭載されます。

 この個人カードは通知カードとともに送付される申請書を郵送するなどして、平成28年1月以降、交付を受けることができます。個人カードの交付をうけるときは、通知カードを市区町村に返納しなければなりません。

個人カード取得の強制はないですが、利便性がよいので政府は勧めていく方向のようです。

 

 

 

 何かご不明な点があれば、お気軽に大阪市西区税理士浦野会計事務所までお尋ねください。